リュウマチの薬

リュウマチは寛解させることが重要です。自宅で寛解を目指すなら 入浴剤がおすすめです。 リウマチ・神経痛用の詳細はこちら

リュウマチの薬

関節リュウマチの薬は大別して抗炎症剤と抗リウマチ剤の2種類になります。まずは抗炎症剤の中の非ステロイド系抗炎症剤について書いていきたいと思います。

 

抗炎症剤

抗炎症剤とは関節の炎症を抑える働きがあり、ステロイド系の抗炎症剤と非ステロイド系の抗炎症剤の2種類があります。そして非ステロイド系抗炎症剤は薬によって効果の強弱がありますが、どれも炎症を抑えるほか解熱、鎮痛作用をもっています。ですがこれらは炎症の進行を止めたり骨が弱っていくことを防止することはできません。

 

抗炎症剤の種類は2種類
抗炎症剤
非ステロイド系の抗炎症剤

 

そして、関節リュウマチの治療に用いられる非ステロイド系抗炎症剤は酸性タイプになります。非ステロイド系抗炎症剤は多彩に存在しますがいくつかの系統に分かれています。たとえばサルチル酸系、エノール酸系、酢酸系など。次に非ステロイド系抗炎症剤の副作用についてですが、服用していると主に胃の障害を招くことが多いとされています。それから、酸性の非ステロイド系抗炎症剤に共通して起こる副作用として胎児の動脈を収縮させたり閉じたりする重大なものがありますので、妊娠末期の患者は絶対に服用を避ける必要があります。

 

 

また、抗炎症剤に関わらずたいていの薬を長期間継続して服用すると肝臓や腎臓に障害をもたらす可能性があると言われています。様々な副作用が起こりますが、それを緩和することは可能です。空腹時に薬を飲まない、プロスタグランジン製剤などの胃腸薬と一緒に服用するなどしてある程度副作用を抑えることもできます。

 

 

さて次にステロイド系の抗炎症剤についてですが、効果はとても絶大で、一時的とはいえ治ったと勘違いしてしまった患者が関節を酷使してかえって症状を悪化させてしまうケースが多いと聞きます。それから、ステロイド系抗炎症剤は一定以上の量を継続して服用すると必ず副作用を伴い、服用しなくなると反動で症状が悪化する「リバウンド」が起こることもあります。ですから、原則ステロイド系抗炎症剤の安易な使用は避け、非ステロイド系抗炎症剤で効果が得られない場合や悪性関節リュウマチで関節以外の炎症が進んでいる場合などに限られています。

 

 

では次に抗リュウマチ剤についてですが、抗リュウマチ剤は関節リュウマチの発病と進行に深く関わっている免疫異常を抑える目的で使用されます。現在関節リュウマチを完治させる治療法はなく、抗リュウマチ剤の効果にも限界はありますが、病気の根本的な部分に働きかけ、その経過を良い方向に変える力を発揮してくれます。抗リュウマチ剤の効果が表れるまでには投与開始後個人差はありますが約1〜3カ月かかります。試行錯誤する必要もありますが、抗リュウマチ剤は効き始めるとその効果は持続してくれますよ。

 

 

リュウマチの治療方法のトップ・ページへ

 

 

こわばりバランス生薬がリュウマチに届く!納得度91.7%

痛いっ、つら〜い、リュウマチにお悩みのあなたに・・・

新発想の入浴剤「カンカイ」

「ぬくもる」「ほぐれる」「楽に動く」

5つのこだわり生薬・和漢パックと
ローズミルキーバスの相性効果

30日全額返金キャンペーンだから安心!

こちらより体験者の口コミをご覧ください