リュウマチの痛みを抑える薬

リュウマチは寛解させることが重要です。自宅で寛解を目指すなら 入浴剤がおすすめです。 リウマチ・神経痛用の詳細はこちら

リュウマチの痛みを抑える薬

関節リュウマチの痛みを和らげてくれる薬は抗炎症剤になります。他の記事で薬のことについてお話しましたが、今回は鎮痛作用がある抗炎症剤の中の非ステロイド系抗炎症剤について詳しく説明したいと思います。非ステロイド系抗炎症剤の特徴としては、アラキドン酸からプロスタグランジンが尽くされるのを阻止してくれますが、胃の粘膜を保護するプロクタグランジンの仲間の物質が作られるのも抑えてしまうことから、胃潰瘍や胃の障害などの副作用が主に上げられます。では、非ステロイド系抗炎症剤と主な副作用をまとめておきます。・ロキソニン・・・副作用が比較的少なく抗炎症効果が強いですが、肝障害が起こる可能性があります。
・バファリン、EA錠など・・・血液中の濃度が高まると耳鳴りや難聴、嘔吐などを催すことがある薬です。
・インダジン・・・めまいや頭痛を起こす可能性が高いので、服用後は車の運転は避けた方がいいでしょう。血圧が上昇することもあります。
・クリノリル・・・1日2回の服用で体内に吸収され肝臓に運ばれてから化学変化を受けて効果を発揮するタイプです。ですから胃への負担も軽減されます。非ステロイド系抗炎症剤よりも副作用が優しいと言えますね。
・レリフェン・・・炎症のもとになるプロスタグランジンを作る化学反応に関与する酵素のうち、シクロオキシゲナーゼ2だけを抑制して生理的機能に必要なプロスタグランジンの産出を抑えない為、胃や腎臓に副作用を起こしにくい薬になります。
以上が非ステロイド系抗炎症剤の紹介ですが、やはり服用する限りは副作用を起こさずにというのはとても難しいです。ですが、それを緩和する方法はいくつかあります。今回は副作用を和らげるための工夫を書きたいと思いますので、参考にしてみてください。痛みを抑えて副作用も和らげばこれからの治療も意欲的に行えますよね。
・腸溶剤、座薬・・・腸溶剤は胃の中では溶けずに通過し、小腸で溶けるように工夫された薬なので胃を傷めません。ですが薬の効果の成分が落ちるので効き目的には薄くなります。座薬などもこれと同じ効果を狙ったものになります。
・プロドラッグ・・・体内に吸収され、肝臓に運ばれてから効果を発揮するので胃の粘膜への影響が少なくて済みます。
・除放剤・・・胃や腸からゆっくり吸収されるように工夫することによって、血液中の薬の濃度が比較的長時間、安定的に保たれる為副作用を少なくしていますが、その分効き目が弱く即効性もあまり期待できません。

 

リュウマチの治療方法のトップ・ページへ

こわばりバランス生薬がリュウマチに届く!納得度91.7%

痛いっ、つら〜い、リュウマチにお悩みのあなたに・・・

新発想の入浴剤「カンカイ」

「ぬくもる」「ほぐれる」「楽に動く」

5つのこだわり生薬・和漢パックと
ローズミルキーバスの相性効果

30日全額返金キャンペーンだから安心!

こちらより体験者の口コミをご覧ください