リュウマチに似た症状の病気

リュウマチは寛解させることが重要です。自宅で寛解を目指すなら 入浴剤がおすすめです。 リウマチ・神経痛用の詳細はこちら

リュウマチに似た症状の病気

関節が痛む病気を全て関節リュウマチと呼ばれることが多いため、他の病気と関節リュウマチを勘違いしてしまうことも少なくありません。まず最初の診断にあたる医師が正確に見極める必要がありますが、患者側も関節リュウマチと勘違いしてしまう可能性がある病気を知っておくことが大切です。なお、関節リュウマチにかかっていたとしても他の病気を併発することも少なからず見られます。こうしたケースは「オーバーラップ症候群」と呼ばれています。
これから関節リュウマチと似た症状の病気とその特徴を上げていきます。

 

全身性エリテマト―デス

心臓や皮膚、血管、関節、神経といったほとんど全ての臓器がおかされる全身性結合組織病のことで、日本では関節リュウマチの患者の多くは女性です。この病気の発病のピークは10〜20代で、原因は不明ですが遺伝や女性ホルモン、ウイルス感染などが誘因となって起こる自己免疫疾患と考えられています。主な症状はだるさや発熱ですが顔面や手足に出来る鮮やかな紅斑に特徴があります。ちなみに「エリテマトーデス」は赤い斑点のある病気を意味しています。

 

ベーチェット病

外陰部や口の中に痛みを伴う小さな腫瘍が出来て、それが何度も再発する病気です。眼が炎症を起こして充血や痛みがひどくなり、失明する可能性もあります。その他にも関節炎や発熱、全身の血管炎や十二指腸潰瘍なども生じます。関節炎は膝や足に出やすいですが、関節リュウマチとは異なっていて左右対称に炎症を起こすことはありません。注射したあとに腫れものが出来る針反応が診断の手掛かりになります。この病気は20〜40代男性の日本人に多く見られる病気です。

 

通風

体の中ではいつも様々な物質が分解されたり新たに作られたりしていますが、この働きが代謝になります。代謝の異常で起きる病気が代謝疾患で、通風もその1つになります。プリン塩基という物質が分解して出来る尿酸の多くは腎臓を通じて排泄されるのですが、排泄されずに関節や腎臓の中で結晶化して炎症を起こします。通風の関節炎は風に当たっても痛むということから通風と呼ばれており、激痛に襲われます。この病気も関節リュウマチのように左右対称に関節の痛みが現れるわけではありません。一週間程度で発作は消えますが、尿酸の量が正常な値に戻らなければ発作を繰り返してしまうので関節が痛む期間もどんどん増えていき、関節リュウマチと勘違いしてしまう症状になってしまいます。

 

変形性関節症

関節症のなかで一番多く見られる症状で、痛みや外見で関節リュウマチともっとも間違えやすい症状を示す病気の一つになります。外傷がきっかけになる時もありますが多くは加齢に伴う関節の変形で関節リュウマチの原因とされている免疫異常との関連性はありません。関節の軟骨がすり減ることで関節の隙間が狭くなり、骨と骨が直接ぶつかって骨棘(こつきょく)と呼ばれる棘ができます。この棘によって関節が痛んで腫れ、関節液が多量に分泌されてたまっていきます。この棘は関節リュウマチでは見られません。

 

 

リュウマチの治療方法のトップ・ページへ

こわばりバランス生薬がリュウマチに届く!納得度91.7%

痛いっ、つら〜い、リュウマチにお悩みのあなたに・・・

新発想の入浴剤「カンカイ」

「ぬくもる」「ほぐれる」「楽に動く」

5つのこだわり生薬・和漢パックと
ローズミルキーバスの相性効果

30日全額返金キャンペーンだから安心!

こちらより体験者の口コミをご覧ください