リュウマチと免疫異常

リュウマチは寛解させることが重要です。自宅で寛解を目指すなら 入浴剤がおすすめです。 リウマチ・神経痛用の詳細はこちら

リュウマチと免疫異常

リュウマチと免疫異の仕組み

 

リュウマチは元々語源がギリシャ語の「流れ」という言葉から来ています。
古代のギリシャではリュウマチとは有害な液体が脳から全身に流れて関節などに蓄積されて痛みを起こす
病気といわれていました。現在の医学的な常識とは全くちがうのですが、イメージとしては
高清まで影響を及ぼしました。

 

 

日本リュウマチ友の会の機関誌は「流」というのですが、
この語源から用いられたものです。

 

 

 

関節リュウ町が他のリュウマチの性疾患から医学的に区別されたのは19世紀で免疫異常が関与している
ことが判明シたのは20世紀はカバになってからでした。
後に多くの研究うを重ねることで遺伝的な要素が関係し、何らかの後天的な原因が加わることで発病する、
または微生物によって感染症をきっかけに発病する免疫作用の異常が誘発されるのではないかといわれていますが、
関節リュウマチがどうしておこるのか、未だ現在まで解明されていません。

 

 

リュウマチの原因があきらかではないのですが、関節リュウマチは免疫の働きに以上をきたすことで自己免疫疾患のをおこしていることは
分かっています。そこで免疫の仕組みを理解しておくとリュウマチについて詳しく理解できるので紹介しておきます。

 

 

リュウマチと貪食細胞

私達の体の中には病原となる多くの微生物が呼吸、飲食、皮膚の傷を通して体の中に入ってきます。
それらの異物を体が排除する仕組みがなければ多くの病原体が体内で増加して、
私たちは生きていくことができません。私達が元気で健康に生きていられるのは
体が防衛反応をおこして免疫システムが、正常に機能しているからです。

 

 

それでは外からの異物を「てき」とみなしどんな働きをするのでしょうか?

 

例えば歩いている時につまずいてひざを擦りむいてしまった場合、体の外からバイキンが入ってきます。
そんなときには白血球の一種である好中球が悪いバイキンを好中球に取り込みます。
好中球がバイキンを取り込むことで体内では増殖しないように抑えているのです。
体の中に侵入した異物を白血球に取り込むとある程度取り込んだら死んでしまいます。

 

傷口からでる白い膿はこの好中球とバイキンの戦いによって死んだ好中球なのです。

 

 

そして好中球の次に白血球の中mがは貪食細胞のマクロファージです。
マクロファージは好中球よりも動きはおそいのですが、アメーバのような動きで病原体を取り込んで行きます。

 

ヘルパーt細胞

ヘルパーT細胞は細胞の司令塔です。

 

体の外部から侵入してきたバイキンをマクロファージが食べてくれます。病原体をしょうかして、タンパク質の小さな塊にして、細胞の表面にだします。
この病原体の断片が高原です。

 

この時抗弁はHKAと呼ばれるタンパク質の凹場のっクボみに入れられてマクロファージの表面へ運ばれます。
そこで登場するのがT細胞です。T細胞も白血球の仲間で貪欲細胞でなく「リンパ球」とよばれています。
T細胞の働きは仲間の細胞に

 

バイキンをやっつける開始の指示や攻撃をやめさせる指示、病原体に感染した細胞を破壊する3つのタイプがあります。

 

HALの凹ブにで病原体の断片つまり高原を認識したヘルパーT細胞はすぐにマクロファージや好中球や細胞障害性T細胞たちに
やっつける指示を送ります。このヘルパーT細胞は異物を直接攻撃することはないのですが、司令塔として情報収集を行なったり、
細胞に支持を出す役割を果たしています。

こわばりバランス生薬がリュウマチに届く!納得度91.7%

痛いっ、つら〜い、リュウマチにお悩みのあなたに・・・

新発想の入浴剤「カンカイ」

「ぬくもる」「ほぐれる」「楽に動く」

5つのこだわり生薬・和漢パックと
ローズミルキーバスの相性効果

30日全額返金キャンペーンだから安心!

こちらより体験者の口コミをご覧ください