リュウマチってどんな病気?

リュウマチは寛解させることが重要です。自宅で寛解を目指すなら 入浴剤がおすすめです。 リウマチ・神経痛用の詳細はこちら

リュウマチってどんな病気?

関節リュウマチとは、始めは指などの小さい関節に出て、朝から晩まで一日中痛みが続く病気です。関節の痛みは左右対称に出ることが多く、また女性におおく発症する病気です。リュウマチの病因ははっきり解明されていませんが、免疫の働きが暴走して起きる自己免疫疾患によって引き起こされることは確かです。

 


人の体の中には免疫システムがあり、その免疫システムがなんらかの理由で故障してしまうことがあります。
その原因を示唆していると考えられているのが、「自己抗体」の存在です。この自己抗体とは、
味方であるはずの自分の体の成分を異物と誤認し、反応してしまう抗体を指します。

 

 

関節リュウマチはその自己抗体を自らつくりだすことで発病すると言われています。リュウマチ患者の約7割の人が「リュウマチ因子」を持っており、このリュウマチ因子は自己防衛の為の抗体を敵と認めてしまうんですね。そのため、自分の仲間であるはずの抗体に攻撃をしてしまい、結果免疫システムの暴走につながると言う訳です。

 

 

それから、よく関節リュウマチを遺伝病だと勘違いしてしまう方がいらっしゃるようですが、関節リュウマチ=遺伝病ではありません。というより、遺伝が関係することもありますが、それが決定的な要因であると決めるけることは出来ないんです。自分の体の必要な成分を敵とみなすリュウマチ因子が健康な人に見つかったり、逆に関節リュウマチの患者にリュウマチ因子が見つからなかったりもします。ですから、関節リュウマチ=遺伝病という単純な図式は成立しません。

 

 

 

なにしろ病因が未だに解明されていないものですから、遺伝的な要因によって関節リュウマチになりやすい人が風邪やストレス、怪我や出産、手術などを引き金に発病することもあります。これらの発病のメカニズムが解明されたら、関節リュウマチになりやすい体質を持っていたとしても発病を未然に防ぐことが可能になるでしょう。今後のDNA解析の研究に期待したいですね。そしてこれも関節リュウマチにおいてよく言われていることですが、関節リュウマチは男性より女性のほうが発病しやすいです。自己免疫疾患は男性よりも女性に多く見られる疾患です。関節リュウマチに限った事ではありません。

 

 

 

その理由ですが、女性ホルモンと妊娠・出産の影響が大きいと言われています。女性ホルモンの中には、自己免疫反応を高める働きをする物があり、関節リュウマチにかかった女性が産後に授乳を続けると症状が悪化するのは、乳腺刺激ホルモンの影響によると言われています。妊娠期間に関節リュウマチの症状が緩和されることがありますが、出産後には免疫の抑制が解除されますのでその反動で一時的に免疫システムの働きが活発化します。その際になんらかの理由で免疫システムが活発化したままになり、自己免疫疾患が起こりやすくなることが知られています。

 

 

リュウマチの治療方法のトップ・ページへ

こわばりバランス生薬がリュウマチに届く!納得度91.7%

痛いっ、つら〜い、リュウマチにお悩みのあなたに・・・

新発想の入浴剤「カンカイ」

「ぬくもる」「ほぐれる」「楽に動く」

5つのこだわり生薬・和漢パックと
ローズミルキーバスの相性効果

30日全額返金キャンペーンだから安心!

こちらより体験者の口コミをご覧ください