リュウマチの治療方法

リュウマチは寛解させることが重要です。自宅で寛解を目指すなら 入浴剤がおすすめです。 リウマチ・神経痛用の詳細はこちら

関節リュウマチの症状

高齢になるとよく関節が痛むというのを聞きますし、実際老化によって発病する変形性関節症があります。ですがそれと混同してすべて老人性の病気と思われがちですね。関節リュウマチも老化によるものだと思われることがしばしばあります。しかし実態は全く異なっており、早い発病だと20代後半、多くは30〜50代で関節リュウマチを発症すると言われています。
このことから、働き盛りにある多くの患者の生活に深刻な影響が出てきます。職業によっては失職や転職を余儀なくされるケースも多く、症状が進むと更に日常生活もままならなくなってきます。そのために関節リュウマチ患者に対して医療だけではなく、保険や福祉を含めた支援体制が必要になります。

 

 
さて、関節リュウマチの典型的な症状は、関節の痛みです。この痛みは関節の中の「滑膜」の炎症が発端となり、関節リュウマチにかかると免疫異常が引き起こされ、その炎症は左右対称です。ですから全関節に及ぶ可能性が出てくるわけですね。そして関節リュウマチが進んでいくと、手や足の指などに特有の変化が起こります。よく見られる症状を上げておきますね。まずは親指を除く4本の指が指の付け根の関節でずれや亜脱臼を起こし、尺側に傾きます。一般的には手の動きに問題はないのですが、親指が外側に沿ってZ字に変形してしまうとものをつまむ動作が出来なくなることがあります。それから、足の親指の関節が亜脱臼を起こし、親指の先が隣の指の下にもぐりこんでしまう変形で、靴がはけなくなってしまう症状です。

 

 

関節リュウマチは比較的ゆっくり進行していく病気です。初期のころは熱っぽい、だるい、食欲がないといった漠然とした自覚症状だけで、大体の人疲れがたまってる、風邪だろうと見過ごされることが多いです。ですが、朝方に体のこわばりが感じられたら、関節リュウマチである可能性が高くなってきます。思い当たる節があれば、早めに専門医の診断を受けることが大切ですよ。手や足から始まり、やがて肩や膝、頸椎へというように炎症が全身に慢性化していきます。関節リュウマチには、関節以外での症状もあります。全身性結合組織病の一つなので、症状は関節だけにとどまらず、皮膚や心臓、肺などにも起こるものです。頻度は高くありませんが、専門医による注意深い観察と適切な治療が必要になってきます。

 

 

リュウマチの治療方法のトップ・ページへ

こわばりバランス生薬がリュウマチに届く!納得度91.7%

痛いっ、つら〜い、リュウマチにお悩みのあなたに・・・

新発想の入浴剤「カンカイ」

「ぬくもる」「ほぐれる」「楽に動く」

5つのこだわり生薬・和漢パックと
ローズミルキーバスの相性効果

30日全額返金キャンペーンだから安心!

こちらより体験者の口コミをご覧ください